Pocket

先日、趣味の一つの資格が増えました。「終活カウンセラー2級」です。内容は5つつあり、①介護保険と介護サービス②保険③年金④相続⑤お葬式・供養を学びます。そして自分のエンディングノートを書きます。エンディングノートには自分が生れて来てから今日までをどこで生まれて、どんな風に育ち、幼稚園時代、小学生時代、中学生時代、高校時代、大学時代、就職した20代30代40代50代60代70代とその方の年齢までの出来事や思い出、どんなことがあってどんなことが嬉しくて悲しくて、誰とどんな遊びをして、どこに旅行に行って思い出を書き出します。そうすると、今まで関わって来て世話になった恩師や両親、友人、知人、配偶者や子供達への感謝が生まれてきます。そしてこれから自分は何をしたいのかを10項目あげます。そうすると、お世話になった方にお礼が言いたい、昔の無礼をお詫びしたい。これから出会う人にやさしくありたい。など、どんどん湧いてきます。するとエンディングノートを書きながら自分の残りの時間をどのように過ごすかが明確に分かってきます。
まずは、私の両親にエンディングノートを書いてもらうように勧めてみようかと試みましたが、母からは、書くのは嫌だ私は最低限やってもらえれば良いからと断られ、父からは俺を殺す気か!と言われました。突然息子からエンディングを切り出されても縁起でもないですものね。(笑)S.Y

Pocket