晴れ男の称号返上

本日は鶴ヶ島市の太田ヶ谷農村センターにて地域包括支援センターいきいき様の主催による「暮らしのいきいき出張相談会」にて福祉用具の体験のコーナーを設けさせていただきました。
生憎の雨で来場者は少ないのではないかと不安がありましたが杞憂でした。
多くの方が来場してくださり会場は賑わいました。
晴れ男の実力を発揮できなかったことは残念でなりません。
そんな実力はそもそも無かったようです。

健康相談、血中年齢の測定、マッサージやネットスーパーの紹介など、幅広いコンテンツが用意されており、順番待ちになるほどのコーナーも見受けられました。

弊社では杖、歩行器、セニアカーの体験、介護シューズの試着、聴力測定、補聴器の案内、住宅改修工事の案内ができるように数か所にコーナーを設けさせていただきました。
また、会場内の段差部分にさりげなく手すりを設置したりと粋な(つもりの)演出をしてみましたが、さりげなく利用していただいたせいか手すりを案内するとまだ必要ないとの反応が多く、摩訶不思議なゾーンになっておりました。


屋外では歩行器、セニアカーを体験していただく事も出来ましたが、あいにくの雨でしたのでテントの屋根の下だけの短距離の移動しかできず不完全燃焼の感は否めません。
それでも、知っていただく事は出来たので僅かでも体験できたことは今後の参考にはなったのではないかと思います。

そして僕はもう晴れ男を自負することは出来なくなりました。
こんなはずではなかった…

ご来場くださった皆様、関係者の皆様、本日はありがとうございました。

K.K

関連記事

PAGE TOP